掲載数 No.1
オンライン旅行検索サイト

※掲載数:1005件(2021年12月07日時点)

並び順

※掲載数:1005件(2021年12月07日時点)

南アフリカの検索結果 3件

オンラインで南アフリカ共和国旅行するならWaTripの南アフリカツアーで検索!南アフリカのオンラインでの観光はヨハネスブルグ、ケープタウン、プレトリア、ダーバン、ポートエリザベスなどの様々な都市をオンライン旅行できます。南アフリカ共和国観光は喜望峰、テーブル・マウンテン、クルーガー国立公園、ボルダーズビーチ、カーステンボッシュ国立植物園、ロベン島、ライオンズヘッド、サファリなどの名所、絶景など見所満載です。

WaTripでは、JTB、HIS、ベルトラなど主要なオンライン旅行ツアーをまとめて検索して探すことができます。新婚旅行、卒業旅行、一人旅、女子旅、どんな旅行シーンでも、バーチャル旅行やリモートトリップなら、時差や治安を気にせず、おうちで楽しめるのでおすすめ!オンライン旅行なら時差や治安も気にせず南アフリカを楽しむことができます。

PR

南アフリカの都市・観光地の魅力

ケープタウン

大西洋と山々に囲まれたアフリカを代表する観光港町ケープタウン。南アフリカに初めて白人が入植した場所であることから「マザー・シティ」と呼ばれることもあります。西ケープではピノタージュやシュナン・ブランを使った南アフリカワインの製造でも有名です。
ケープタウンには様々な観光地が存在しており、アフリカ大陸最南西端の岬の喜望峰や赤や黄色のカラフルな家々が建ち並ぶボカープ地区、ケープタウンの街を一望できる、テーブルのように頂上が平らになっていることから名前が付けられたテーブルマウンテン、世界で一番ペンギンを近くで見ることができるボルダーズビーチ、世界に一つだけ世界遺産の中にある植物園のカーステンボッシュ植物園など自然に文化にバラエティ豊かです。

南アフリカのコロナ情報

南アフリカをオンラインツアーで下見をしたら、いつから行けるの? PCR検査やワクチン接種は必要なの? など気になる方もいると思います。そこで、南アフリカの入国情報をまとめました。

外国籍のナミビア入国者は、入国前7日以内に受検(注:検体採取から起算。)したPCR検査の陰性証明書を入国時に提示しなければならない。

駐日ナミビア大使館ホームページ 在ナミビア日本国大使館ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

ヨハネスブルク

18世紀後半のゴールドラッシュで発展した南アフリカ産大の都市、ヨハネスブルク。様々な人種が住むことから「レインボーネーション、虹の国」と呼ばれる南アフリカを代表する多様性を持つ都市です。ヨハネスブルクは地域によってお店や雰囲気も違い、治安の問題で観光客は滅多に行かない場所もあるため、オンラインツアーにピッタリの町とも言えます。カールトンセンターにあるカールトン展望台からは360度ヨハネスブルクを見回すことができます。
アパルトヘイトミュージアム、ネルソンマン・マンデラ大統領やマハトマ・ガンジーが収容されていた刑務所の跡地に立った裁判所コンスティテューション・ヒル、マンデラハウス、ヘクター・ピーターソン博物館、ヨハネスブルク動物園、オリエンタルプラザなどがおすすめです。

プレトリア

自然と歴史建造物が豊富な南アフリカ共和国の首都であるプレトリア。世界の植物の約10%の原産国である南アフリカの植物の多くがプレトリアで見ることができ、春には紫色の綺麗な花を咲かすジャカランタが咲くことから「ジャカランタ・シティ」と呼ばれています。また、世界一の豪華列車としてギネス認定されているブルートレインの終点でもあります。
プレトリアにはプレトリア国立動物園、国立植物園、オースティン・ロバーツ鳥類保護区、ワンダーブーム、リットフレイ自然保護区、Horseback Africaなどの自然を楽しむ観光地と黒人として初めて大統領になったネルソン・マンデラ氏の銅像のあるユニオン・ビル、フォールトレッカー・モニュメント、ユニオン・ビルディングス、フリーダムパークなどの歴史、文化を体験することのできる観光地がたくさんです。

ポート・エリザベス

南アフリカ共和国随一のリゾート地ポート・エリザベス。ボビービーチやキングスビーチを始め、南アフリカ初のブルーフラッグ認定を獲得したヒュームウッドビーチなど天然のビーチが40KM続いたビーチラインにはザ・ビーチホテル、ラディソン・ブルホテル、ザ・パクストンホテル、ナンバー5バイマンティスなどの高級ホテルが立ち並び、サーフィンやスキューバダイビング、ホエールウォッチング、シャークウォッチングなどマリンアクティビティもたくさん。
2021年2月に南アフリカ政府がポート・エリザベスから「Gqeberha」へ改称を発表し、改称の取り下げを求め抗議活動が起こっている南アフリカの都市で今最も注目されている都市でもあります。

南アフリカのコロナ情報

南アフリカをオンラインツアーで下見をしたら、いつから行けるの? PCR検査やワクチン接種は必要なの? など気になる方もいると思います。そこで、南アフリカの入国情報をまとめました。

日本からの入国に際しての主な検疫措置は以下のとおり。ア 出発の72時間前までに取得したPCR検査陰性証明書(認可を受けた医師が検査を行い、同医師の氏名・署名が必要)を提示しなければならない。イ 南アフリカ到着時に健康状態・感染者との濃厚接触の有無が確認され、感染が疑われる症状や感染者との濃厚接触が確認される場合、義務的なPCR検査(費用は自己負担)を受けなければならない。PCR検査の結果、陽性であることが判明した場合、指定された隔離場所にて10日間隔離される(費用は自己負担)。また、南アフリカ到着時に自己隔離が必要となる場合、滞在先住所の証明を提示しなければならない。ウ 海外渡航保険に加入していなければならない。

※各国の対応は流動的なため、予告なく変更になる場合がございます。最新の情報、情報の詳細は、外務省のサイトでご確認ください。
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html