掲載数 No.1
オンライン旅行検索サイト

※掲載数:1071件(2021年09月17日時点)

並び順

※掲載数:1071件(2021年09月17日時点)

マカオの検索結果 8件

オンラインでマカオ旅行するならWaTripのマカオツアーで検索!マカオのオンラインでの観光は聖ポール天主堂跡、マカオ・タワー、セナド広場、ザ・ベネチアン・マカオ、モンテの砦、聖ドミニコ協会、カジノなどの名所、世界遺産、絶景など見所満載です。

WaTripでは、JTBHIS、ベルトラなど主要なオンライン旅行ツアーをまとめて検索して探すことができます。新婚旅行、卒業旅行、一人旅、女子旅、どんな旅行シーンでも、バーチャル旅行やリモートトリップなら、時差や治安を気にせず、おうちで楽しめるのでおすすめ!オンライン旅行なら時差や治安を気にせず英語がしゃべれなくても気軽にマカオを楽しむことができます。

 

PR

マカオの都市・観光地の魅力

マカオ歴史市街地区

マカオの中心にある世界遺産に登録されている「マカオ歴史市街地地区」。20を超える広場と歴史的建造物が集まる明時代には海外との貿易の窓口としてマカオを位置づけられ、世界中の人々が集まったことで、ヨーロッパの雰囲気と中国の雰囲気が融合した他では見ることのない空間となりました。セナド広場、聖ドミニコ教会、聖ポール天主堂跡、モンテの砦、ギア要塞、リラウ広場など魅力的な観光スポットがたくさんです。

カジノ

世界一の売り上げを誇るマカオのカジノ。マカオには30を超えるカジノホテルが存在しており、多くの地元客や観光客が訪れます。マカオのカジノが初心者でも足を運びやすい理由は、24時間営業、入場料は無料、ドレスコードもなく気軽いため。また、ザ・ヴェネチアン・マカオにはホテル内にイタリアのヴェネチアのような水路が走っていてゴンドラに乗ることができるサービスがあったり、カジノギャラクシー・マカオ、グランド・リスボン、シティ・オブ・ドリームス、サンズ・コタイセントラルなどのように家族連れでも楽しめるカジノホテルがマカオにはたくさんあります。

セナド広場

セナド広場は徒歩圏内に多くの世界遺産が存在するため、世界遺産めぐりのスタート地点として利用されることが多いそうです。広場を囲む建物は、民政総署・郵便局・観光局・仁慈堂・ドミニコ教会などのヨーロッパ式の建築様式を用いて作られた建物からマカオで一番有名なパイナップルパイで有名なお土産屋さん「Koi Kei Bakery」が入ったピンク色のかわいい建物まで様々。旧正月には東洋×西洋の融合した街並みを見ることができますよ。

セナド広場は観光客だけでなく地元の人も多く訪れる場所です。特に若者たちのショッピングの場として利用されています。
広場の中心には大航海時代を想起させる地球儀のオブジェがあり、地元の人からは「噴水池」と呼ばれているそうです。もしセナド広場へ行きたい場合はタクシードライバーに「噴水池」と書いた紙を見せるとスムーズに到着できるそうですよ!

マカオタワー

マカオで一番高いビル「マカオタワー」。高さ338メートルの高さを誇りマカオの街を一望できます。マカオタワーですが、世界一高いバンジージャンプができる商業施設としてギネス記録にも登録されています。高さ223mの位置から時速200㎞の速さで約6秒間落下します。あまりの高さに途中棄権する人も多数のマカオタワーのバンジージャンプですがその料金も驚き。展望台への入場料+写真付きで約55000円。オンラインツアーでもガイドさんがバンジーをする映像が見れるので気になった方は体験してみてください!

エッグタルト

マカオのお土産といえば「エッグタルト」。イギリスのカスタードタルトとポルトガルのパステル・デナタが元となっており、1940年代にポルトガルからポルトガルからマカオに伝わり今のエッグタルトが誕生しました。マカオには多くのエッグタルト屋さんがありますが、Lord Stow’s Bakery、Cafe e Nata Margaret’s、San Hou Lei、Pastelaria Caravelaは地元の人達にもとても人気です。お店によってはツバメの巣入りタルトなどの変わり種もあるので現地ガイドさんにおススメを聞くのをお忘れなく。

マカオのコロナ情報

マカオをオンラインツアーで下見をしたら、いつから行けるの? PCR検査やワクチン接種は必要なの? など気になる方もいると思います。そこで、マカオの入国情報をまとめました。

入境前21日以内に外国に渡航歴のあるマカオ居民に対して、72時間以内のPCR検査の陰性証明書に加え、21日間(抗体陽性の場合は28日間)の指定場所での隔離及び医学観察を受けることを求めた上で、最低7日間の自己健康管理を行うことを義務付ける。

※各国の対応は流動的なため、予告なく変更になる場合がございます。最新の情報、情報の詳細は、外務省のサイトでご確認ください。

https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html