掲載数 No.1
オンライン旅行検索サイト

※掲載数:990件(2021年06月25日時点)

並び順

※掲載数:990件(2021年06月25日時点)

チリの検索結果 1件

オンラインでチリ共和国を旅行ならWaTripのチリツアーで探そう!

チリのバーチャル観光は、首都サンティアゴ、イースター島(パスクア島)、バルパライソ、プンタアレナスなど、有名な都市をオンライン旅行できます。

他にも、パタゴニア地方、アンデス山脈、氷河・フィヨルドツアー、アタカマ砂漠、モアイ像、マーブルカテドラルなど、世界遺産、名所、絶景の観光スポットをオンラインツアーで旅行してみよう!

新婚旅行、卒業旅行、一人旅、女子旅、どんな旅行シーンでも、バーチャル旅行やリモートトリップなら、時差、治安、場所、言語を気にせず、おうちで楽しめるのでおすすめ!

WaTripでは、JTB、ベルトラ、ロコタビなど主要なバーチャルツアーをまとめて検索でき、比較して探せます!

PR

チリの都市・観光地の魅力

サンティアゴ

サンティアゴ(サンチャゴ)は、チリの首都で、チリの中央部、アンデス山脈と海岸山脈に挟まれた盆地に位置しています。首都の機能はありますが、国会はサンティアゴの西方120kmにあるバルパライソにあります。サンティアゴは、チリ最大の都市であり、南米でも有数の大都市です。政治、経済、文化など様々な面におけるチリの中心です。

サンティアゴの街は、大きく旧市街と新市街に分かれています。旧市街は、アルマス広場や憲法広場を中心に、スペインの植民地時代を思わせる建物が静かに建ち並んでいます。歩行者天国の「アウマダ通り」など、通りは石畳となっていて、たくさんの人々と露店で賑わっています。
新市街は都市化が進んでいて、オフィスが入っている高層ビル、ショッピングセンター、ホテルなども建っています。ヨーロッパ風の建物が並んでいる海岸沿いはビーチリゾートとしても大人気です。

また、気候は地中海性気候と温暖で、作物の栽培にも適した気候であるため、サンティアゴの近くには世界的にも有名なチリワインを製造しているワイナリーも多くあります。
周辺には、「バルパライソの海港都市の歴史的街並み」として、世界遺産にも登録されたバルパライソ、ビーチリゾートのビーニャ・デル・マルもあります。

中央(アルマス)広場、憲法広場、カテドラル(大聖堂)、サン・フランシスコ教会、モネダ宮殿、旧国会議事堂、国立歴史博物館、人権と記憶の博物館、中央市場、国立図書館、アウマダ通り、サンクリストバルの丘、サンタ・ルシアの丘、ロス・ドミニコス民芸品村、パルケ・ビセンテナリオ、森林公園、コスタネラ・センター、サンタ・リタ・ワイナリー、パブロ・ネルーダの邸宅(ラ・チャスコーナ)、バルパライソ、ビーニャ・デル・マール、などのおすすめの観光スポットがあります。

ちなみに、日本とチリの時差は13時間(サマータイム時は12時間)です。日本の方が13時間早いので、日本が9時のときに、チリは20時となります。
日中にチリをバーチャル旅行したい場合は、日本の21時(チリは8時)から24時(チリは11時)となります。一方、日本の6時頃からはチリの夕日が見れる時間になります。
また、夜のチリを見たい場合は、日本の7時以降のバーチャルツアーを探してみてください。チリをオンライン旅行するには、早起きか夜更かしになりますが、その価値は十分にありますよ。

イースター島

イースター島は、南太平洋に浮かぶ周囲60km、面積約160k㎡の三角形の形をした小さな火山島です。南米大陸から約3700km、東のタヒチから約4000km、人が住む一番近い島からでも約1900kmも離れていて、まさに絶海の孤島と言えます。

オランダ人によって、1772年のイースターの夜に発見されたため、イースター島という名前で知られていますが、現地の言葉、ロンゴ・ロンゴ語では、「輝く偉大な島」を意味するラパ・ヌイと呼ばれています。また、チリではパスクア島と呼ばれています。そして、島全体がラパ・ヌイ国立公園として登録されています。

イースター島は、世界七不思議の一つとも言われ、誰もが知っているモアイ像で有名です。モアイ像は、人間の形をした凝灰石で造られた石造彫刻です。イースター島には、なんと約1000体ものモアイ像があり、島の周りに海に背を向けた格好で建てられています。初期のモアイ像は高さ3m、重さ20tと小型でしたが、後期になるにつれ大きくなり、高さ20m、重さ90tの巨大なものも作られました。

モアイ像が建設された理由は現在でも謎のままですが、モアイ像の台座「アフ」から多くの人骨が発見されているため、墓石という説が有力となっています。また、「モアイ」は、未来に生きるという意味があり、「アフ」という祭壇に立たせると、「マナ」という自然な力を持つようになると信じられていました。1995年にはその文化的価値から「ラパ・ヌイ国立公園」として、世界遺産に登録されました。

アフ・トンガリキ、アフ・アキビ、アフ・コ・テ・リク、アフ・タハイ、アフ・バイウリ、ラノ・ララク、ハンガロア、アナケナ・ビーチ、プナ・パウ、オロンゴ岬、ビナプ、バイフ、アカハンガ、アフリアタ、アナケナ、アフ・ナウナウ、アフ・アトゥレフキなどのおすすめの観光スポットがあります。

プンタ・アレーナス(パタゴニア)

プンタ・アレーナスは、南アメリカ大陸の最南端にある都市で、マガジャネス・イ・デ・ラ・アンタルティカ・チレーナ州の州都です。パタゴニア地方の中心都市で、大陸部とフエゴ島を分けるマゼラン海峡に面しています。
ポルトガル人のマゼランが、太平洋と大西洋を結ぶマゼラン海峡を見つけたことから始まり、プンタ・アレーナスという名前は、スペイン語で「砂の岬」を意味しています。1849年に港湾都市として建設され、1914年のパナマ運河の開通までは、太平洋と大西洋を結ぶ重要な航路であるマゼラン海峡を航行する船の寄港地として繁栄しました。

プンタ・アレーナスの街には歴史上の多くの建物や博物館があります。現在では、南極大陸やサウスシェトランド諸島のキングジョージ島へ向かうツアーの玄関口となっています。街の中心は、コロンブス像が立つアルマス広場で、レストラン、カフェ、デパート、スーパーマーケット、お土産店など様々なショップがあります。

ムニョス・ガメロ広場、マガジャネス州立博物館、マゼラン地球博物館、ナオビクトリア博物館、マガジャネス公園、サラ・ブラウンの宮殿、クルスの丘、プンタアリーナの丘、サン・イシドロ灯台、オトウェイ湾ペンギン営巣地などのおすすめの観光スポットがあります。