掲載数 No.1
オンライン旅行検索サイト

※掲載数:990件(2021年06月25日時点)

並び順

※掲載数:990件(2021年06月25日時点)

タイの検索結果 8件

東南アジア・タイへオンラインで旅行するならWaTripのタイツアーで探しませんか?

バーチャルで楽しむことができるタイのオンライン旅行では、首都であるバンコク、アユタヤ、パタヤ、プーケット、ピピ諸島、チェンマイ、クラビ、チェンライ、スコータイなどなど有名な都市を旅行することができます。

他にも、カオサンロード、ワットポー、スワンナプーム国際空港、ワットプラケオ、ワット・クルン、ワット・マハタート、カンチャナブリ、タイ古式マッサージ、水上マーケット、トムローイなどの世界遺産、名所、絶景の観光スポットをオンラインツアーで旅行してみましょう!

卒業旅行や新婚旅行、一人旅はもちろん、女子旅など、どんな旅行シーンでも旅行が楽しめます。リモートライフがつづくなか、おうち旅行を楽しんでみませんか?時差、場所、治安、言語を気にせず楽しめるバーチャル旅行。これからの新スタンダードな旅行があなたを待っています!

WaTripでは、JTB、HIS、ベルトラなど主要なバーチャルツアーをまとめて検索でき、比較して探せます!ぜひ、チェックしてみましょう!

PR

タイの都市・観光地の魅力

バンコク

バンコクはタイの首都で人口は約900万人、面積は約1600km2ほどです。都市圏人口は2018年時点で1600万人を超えており世界有数の大都市圏と言われています。ASEANの中心地でもあるバンコクは東南アジア屈指の都市として知られています。

タイの王宮や政治の中心であるバンコクですが、それだけでなく交通と宿泊施場所が整った地域でもあり、各国要人を招きアジアで2番目に多くの国際会議が開かれる都市としても有名です。都内にはタイ国際航空やバンコク銀行、シン・コーポレーション・グループなどの大企業の本社やスタンダード・チャータード銀行やメルセデス・ベンツなどの外国企業の支店が立ち並んでおり、サイアム・パラゴンや日本の伊勢丹などの大規模なデパートやショッピングセンターなども多く位置している国内におけるトレンドの発信地でもあります。

また観光も大きな産業の一つとなっており、都内には高級ホテルからバックパッカー向けの安宿まで幅広い種類の宿泊施設が立ち並び、コロナ禍前は都内の至る所で日本や台湾、韓国などのアジア諸国はもちろん、ヨーロッパやアメリカから来た観光客も多くいました。

タイ政府が発表した家計調査によると、バンコク首都圏の1世帯当たりの平均所得は月3万7732バーツ(約10万円)程であり、1人当りに換算すると平均所得はその3分の1程度であるともいわれています。

バンコクは熱帯に位置し年間を通じて最高気温は33℃前後、最低気温は20度から25度と日本と比べかなり高いです。バンコクの季節は三つに分かれており、一つ目が6月から10月にかけて蒸し暑くスコールも降る雨季、二つ目は11月から2月のやや涼しく過ごしやすい乾季、三つ目は3月から5月にかけての雨が少なく非常に高温となる暑季で、朝から気温が上昇し夜間も気温が下がらないと言われています。

ワット・ポー、シーロム・スクンビット通り、ワット・アルン、タラートナット ロットファイ ラチャダー、ワット・プラケオ、カオサン通り、線路市場メークロン、水上マーケット、アジアティーク・ザ・リバーフロントアユタヤ遺跡、チャオプラヤー川ディナークルーズ、カンチャナブリー、パタヤ(ラン島)などのおすすめの観光スポットがあります。

ちなみに、日本とタイの時差は2時間です。日本の方が2時間早いので、日本が9時のときに、タイは7時となります。日中にタイをバーチャル旅行したい場合は、日本の10時(タイは8時)から22時(タイは20時)となります。一方、日本の20時頃からはタイの夕日が見れる時間になります。
また、夜のタイを見たい場合は、日本の22時以降のバーチャルツアーを探してみてください。タイをオンライン旅行するには、早起きか夜更かしになりますが、その価値は十分にありますよ。

チェンマイ

ムアンチエンマイ郡は、タイ北部にある郡であり、通称「チェンマイ」として親しまれています。北部の文化・経済の中心でもあるチェンマイは歴史的な背景を多く持つ街であり、その長さや都市の格からバンコクに次ぐタイ第2の都市とされています。

チエンマイとは「新しい街」という意味があります。これはマンラーイ王が都を建設した際には、すでにチエンラーイ(「マンラーイの街」という意味)があり、これに対して新たに建設されたチエンマイを「新しい街」と称したのが名前の由来となっています。

チェンマイはバンコクから飛行機で約1時間ほど。“古都”とよばれるチェンマイは観光スポットに仏教寺院は外すことはできません。ワット・プラタート・ドイ・ステープなどの艶やかで繊細な装飾が見どころででもあります。

チェンマイは元々、絹織物・漆器・傘などの手工業で有名でな場所でしたが、現在は観光地として圧倒的に有名になっています。北部山岳地帯のトレッキングの拠点になっていたり、毎年4月にはソンクラーンと呼ばれる水掛祭りや、11月開催のローイクラトンと呼ばれる灯籠流しが行われるなど、この時期は国内外から多くの観光客でにぎわいます。

気候はバンコクより涼しく、11月~1月にかけては夜間の最低気温が12℃まで下がることもあります。日中の気温は25℃ぐらいで一年で1番過ごしやすい季節と言われています。

ドイ・インタノン、ワローロット市場、フルーツジュースショップ、ワット・プラシン、ワット・ウモーン、ワット・プラタート・ドイ・ステープ、ワット・ムーングンコーン、ワット・チェディルアン、チェン・マン、フアンフアイケーオなどのおすすめの観光スポットがあります。