掲載数 No.1
オンライン旅行検索サイト

※掲載数:1005件(2021年12月07日時点)

並び順

※掲載数:1005件(2021年12月07日時点)

スペインの検索結果 38件

オンラインでスペイン旅行・ツアーを探すなら、WaTrip!スペインの観光地といえば、バルセロナを連想される方多いと思いますが、スペイン好きに人気な観光都市といえば、マドリード、コルドバ、グラナダ、トレド、バレンシアもありますね。有名観光地といえば、サグラダファミリア、アルハンブラ宮殿グエル公園、カタルーニャ音楽堂、プラド美術館、トレド大聖堂。これらは絶対に外せない観光スポットとして大人気です。時間や場所にとらわれず、いつでも自由に行動できるバーチャル旅行やリモートトリップなら、卒業旅行、海外デート、家族旅行、新婚旅行と、誰とでも、どんなシチュエーションでも、好きなところへ気軽に旅行ができますよ。WaTripであなたにピッタリの旅行先を見つけてみてください!

PR
1 2

スペインの都市・観光地の魅力

バルセロナ

人気観光国スペインの中でも特に人気を誇るバルセロナ。天才建築家アントニオ・ガウディの作品が街のいたるところに点在しており、特にサクラダファミリア、カサ・ミラ、カサ・バトリョ、グエル公園はガウディの作品の中でも特に人気で有名観光地となっています。ほかにも、スペインの偉大な芸術家、ピカソの作品が収められているパブロ・ピカソ美術館、カタルーニャ・モデルニスモ様式で設計されたカタルーニャ音楽室、など美しい建造物が立ち並んでいます。

ミュンヘン

ドイツでは3番目に大きい都市であるミュンヘン。ミュンヘンと言えば、歴史深い街として有名で、バイエルン公国時代から主要都市として栄えた歴史があり、なんと850年以上もの歴史を持つといわれています。そんなミュンヘンで有名な観光地は、仕掛け時計「グロッケンシュピール」があるミュンヘン新市庁舎、1158年から市の主要広場として知られているマリエン広場、ロココ様式の大広間「石のホール」を持つニンフェンブルグ城、などがあります。歴史深い建物、教会、広場すべて見ごたえがありますよ。ほかにもBMW博物館や、オクトーバーフェストなど、若者にも非常な人気な観光地となっています。

ベルリン

ドイツの首都、ベルリン。ドイツ最大の都市です。ドイツと言えば公用語はドイツ語ですが、ベルリンには移民が多いため英語でも通じるんだとか。ベルリンで人気な観光地は、ベルリンの大通り「Mühlenstraße」に展示されているイーストサイドギャラリー(East Side Gallery)、お土産を買うのにちょうどいいアレクサンダー広場(Alexanderplatz)、アレクサンダー広場にあるドイツで最も高い建築物「ベルリンテレビ塔」、世界148都市の時を刻んでいる「ウーラニアー世界時計」があります。写真映えするスポットもたくさんあるので、ぜひご覧ください!

スペインのコロナ情報

スペインをオンラインツアーで下見をしたら、いつから行けるの? PCR検査やワクチン接種は必要なの? など気になる方もいると思います。そこで、スペインの入国情報をまとめました。

日本からの入国を含む、空港及び港湾からスペインに入国する全ての者に対して、(ア)申告書面(注)の提出、(イ)検温、(ウ)目視によるチェックを実施する(※1、※2)

※1 なお、官報では、「スペインに入国する全ての者」と記載されているが、空港管理会社(AENA)や航空会社によれば、EU・シェンゲン域外国居住者が、スペインへ入国せず、乗り換えのみでシェンゲン域外国(英国等)へ移動するトランジットの場合であっても申告書の提出が求められている。また、出発時の空港カウンターでのチェックインの際にも、申告の有無がシステムでチェックされているとの情報がある。これらのことから、スペインに入国しないトランジットのみの場合でも、申告書を提出することが推奨される。

(注)スペインに向けて出発する前に、保健省の専用ページ(https://www.spth.gob.es/)又は専用の無料アプリ「SPAIN TRAVEL HEALTH-SpTH」に表示されるフォーマットに電子的に記入し、提出する必要がある(フォーマットは上記リンク7~10ページ目)。入国時に、提出後に送付されるQRコードの提示を求める。電子的に記入することが難しい場合は、紙での提出を認める(参考:https://www.es.emb-japan.go.jp/files/100071248.pdf)。

※2 参考ページ:https://www.es.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_001124.html

※各国の対応は流動的なため、予告なく変更になる場合がございます。最新の情報、情報の詳細は、外務省のサイトでご確認ください。

https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html