掲載数 No.1
オンライン旅行検索サイト

※掲載数:1005件(2021年12月07日時点)

並び順

※掲載数:1005件(2021年12月07日時点)

クロアチアの検索結果 6件

オンラインでクロアチア旅行するならWaTripのクロアチアツアーで検索!クロアチアのオンラインでの観光はドブロブニク、ザグレブ、ザダル、スプリット、ストンなどの様々な都市をオンライン旅行できます。クロアチア観光はプリトヴィツェ湖群国立公園、クルカ国立公園、ディオクレティオヌス宮殿、ドゥブロヴニクの壁、失恋博物館などの名所、絶景など見所満載です。
WaTripでは、JTB、HIS、ベルトラなど主要なオンライン旅行ツアーをまとめて検索して探すことができます。新婚旅行、卒業旅行、一人旅、女子旅、どんな旅行シーンでも、バーチャル旅行やリモートトリップなら、時差や治安を気にせず、英語がしゃべれなくてもおうちで楽しめるのでおすすめ!オンライン旅行なら時差や治安も気にせずクロアチアを楽しむことができます。

PR

クロアチアの都市・観光地の魅力

ザグレブ

ザグレブはクロアチア北西部に位置するクロアチアの首都であり最大の都市です。
ザグレブはアルプスやアドリア海へのアクセスが良中葉ヨーロッパとの中継地点となったことから、伝統産業から、貿易、政府機関、研究機関など、様々な機関がザグレブに拠点を置いています。

テレビやネットでも取り上げられるオレンジの街並みが美しいドブロブニク、美しいビーチが魅力のスプリット、ザブレブはシックな建物が特徴的で地域ごとの街並みが変わることもクロアチアの魅力です。

ザグレブの観光スポットはイェラチッチ広場、聖母被昇天学院、石の門、聖マルコ教会、失恋博物館、トカルチチェヴァ通り、アッパータウン、ミロゴイ墓地、ドラツマーケット、ロトルシュクチャク塔、マクシミール公園、ロウアータウン、ファニキュラーレイルウェイなど様々です。

ちなみに、日本とクロアチアの時差は7時間です。日本が7時間早いので、日本が9時のときに、クロアチアは夜中の2時となります。日中にクロアチアをバーチャル旅行したい場合は、日本の16時(クロアチアは9時)から深夜0時(クロアチアは18時)がおすすめです。

ドゥブロブニク旧市街地

クロアチアと聞くと白い壁とオレンジ色の屋根が連なる街並みを連想する方は多いのではないでしょうか。
「アドリア海の真珠」とも称されるドゥブロブニクはクロアチア南部、アドリア海に面する小さな港町です。

ドゥブロブニクは13世紀頃から地中海貿易の拠点として繁栄しました、巧みな外交術と豊富な富は当時のヴェネチア共和国しか太刀打ちできないほど強力で、15世紀、16世紀にかけて街は特に発展しました。

ドゥブロブニクの中でも、旧市街地は、白い壁とオレンジの屋根に加え、「自由と自治」を守るため高さ25mの強固な城壁に囲まれ、1979年に世界文化遺産に登録されました。大火事や地震、内戦時代などで街は大きな被害を受けますが、ドゥブロブニクの人々の努力により美しい街並みは健在です。

クロアチアのコロナ情報

クロアチアをオンラインツアーで下見をしたら、いつから行けるの? PCR検査やワクチン接種は必要なの? など気になる方もいると思います。そこで、クロアチアの入国情報をまとめました。

EU域内国境管理に関する欧州委員会勧告の入域制限解除対象国(日本を含む。)からの入国者は、(ア)新型コロナウイルス検査の陰性証明書(実施から72時間以内のPCR検査又は実施から48時間以内のEU加盟国で承認されている抗原検査の陰性証明書)の提示、(イ)ワクチン接種証明書(EUで使用されている新型コロナウイルスワクチンを2回接種したことの証明書。いずれも接種から210日までのものが有効)の提示(※)、(ウ)治癒証明書の提示、又は(エ)入国後の自主隔離(クロアチア入国後、ただちにPCR検査又は抗原検査を受け、陰性結果が出た場合は自主隔離終了。検査を受けられない場合は10日間の自主隔離)のいずれかが入国の条件となる。

※なお、上記防疫措置の免除・緩和について、日本の市区町村で発行予定のワクチン接種証明書の有効性は現在確認中です。

※各国の対応は流動的なため、予告なく変更になる場合がございます。最新の情報、情報の詳細は、外務省のサイトでご確認ください。
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html