掲載数 No.1
オンライン旅行検索サイト

※掲載数:990件(2021年06月25日時点)

並び順

※掲載数:990件(2021年06月25日時点)

アルゼンチンの検索結果 9件

オンラインでアルゼンチンを旅行するならWaTripのアルゼンチンツアーで探そう!

アルゼンチンのバーチャル観光は、首都ブエノスアイレス、コルドバ、ロサリオ、バリローチェ、ウシュアイア、サルタ、トゥクマンなど、有名な都市をオンライン旅行できます。

他にも、イグアスの滝、パタゴニア、南極ツアー、氷河ツアー、ペンギンツアーなどの世界遺産、名所、絶景の観光スポットをオンラインツアーで旅行してみよう!

新婚旅行、卒業旅行、一人旅、女子旅、どんな旅行シーンでも、バーチャル旅行やリモートトリップなら、時差、治安、場所、言語を気にせず、おうちで楽しめるのでおすすめ!

WaTripでは、JTB、ベルトラ、ロコタビなど主要なバーチャルツアーをまとめて検索でき、比較して探せます!

PR

アルゼンチンの都市・観光地の魅力

ブエノスアイレス

ブエノスアイレスは、南米大陸の中部の西側にある、アルゼンチンの首都です。ラ・プラタ川に面していて、川の対岸はウルグアイのコロニア・デル・サクラメントになります。アルゼンチンの政治、経済、文化の中心であり、「南米のパリ」とも呼ばれているほど、南米の中でも最も美しい町と言われています。

ブエノスアイレスは、ヨーロッパテイストの美しい建造物が建ち並んでおり、中世ヨーロッパのタイムスリップしたかのような古い街並みもあります。また、タンゴの発祥の地とも言われています。夜のブエノスアイレスでは、魅惑のナイトライフを過ごすこともできます。

カサ・ロサーダ(大統領府)、サン・マルティン広場、五月広場、メトロポリタン大聖堂、バローロ宮殿、コロン劇場、エビータ博物館、アルゼンチン国立美術館、ルハン動物園、カジノ・ブエノスアイレス、エル・アテネオ、レコレータ墓地、ラ・ボンボネーラ、カミニート、7月9日通りなどのおすすめの観光スポットがあります。

ちなみに、日本とアルゼンチンの時差は12時間です。日本の方が12時間早いので、日本が9時のときに、アルゼンチンは21時となります。
日中にアルゼンチンをバーチャル旅行したい場合は、日本の20時(アルゼンチンは8時)から24時(アルゼンチンは12時)となります。一方、日本の6時頃からはアルゼンチンの夕日が見れる時間になります。また、夜のアルゼンチンを見たい場合は、日本の7時以降のバーチャルツアーを探してみてください。

プエルト・イグアス(イグアスの滝)

プエルト・イグアスは、アルゼンチンのミシオネス州の都市で、ブラジル、パラグアイと国境を接する街です。世界三大瀑布のひとつであるイグアスの滝まで、
18kmの距離と近いため、イグアスの滝を観光する際の拠点です。

イグアスの滝は、全長2.7km、最大落差80mの世界最大級の滝で、1986年に世界遺産にも登録されました。北米のナイアガラの滝、アフリカのヴィクトリアの滝と合わせて「世界三大瀑布」と言われていますが、他の二つが小さく感じるほど巨大な大きさです。滝の規模はナイアガラの滝の2倍以上、水量は7倍以上もあります。

ガルガンタ・デル・ディアブロ(悪魔の喉笛)、パルケ・ダス・アベス(バードパーク)、イタイプダム、三国国境地点、トロッコ列車、サンマルティン島、自然の遊歩道などのおすすめの観光スポットがあります。また、イグアスの滝をメインに、ボートツアー、ヘリコプター遊覧、フルムーン(満月)ツアーなどのアクティビティツアーもあります。

ウシュアイア

ウシュアイアは、アルゼンチンの南端、フエゴ島に位置していて、ティエラ・デル・フエゴ州の州都です。ビーグル水道に面していて、山が海に迫る地形のため、ウシュアイアの街はビーグル水道に沿って発展しています。

ウシュアイアは、南極に最も近い都市として知られていて、南極探検や南極クルーズの拠点でもあります。また、かつては世界最南端の都市と言われていました。気温は夏でも10℃前後と寒いぐらいですが、冬は平均0℃と、一年を通して通じて寒暖差があまりありません。アザラシ、海鳥、ケープペンギン、マゼランペンギン、コンドル、ビーバーなどの南極に近いウシュアイアならではの生き物を見ることができます。

ディエラ・デル・フエゴ国立公園、元監獄と船舶博物館、フエギ歴史博物館、世界の果て博物館、エクレール灯台、ラグナ・エスメラルダ、セロ・カストールスキー場、世界の果て号、エスメラルダ湖、アルビーノ氷河、マルティージョ島、ロス・ロボス島などのおすすめの観光スポットがあります。

エル・カラファテ(パタゴニア)

エル・カラファテは、アルゼンチンのサンタ・クルス州に位置していて、ウプサラ氷河などの水が流れ込むアルヘンティーノ湖に面した都市です。カラファテという名前の由来は、パタゴニア地方に生育する棘のある木からと言われています。

小さな町ですが、パタゴニアにある世界遺産ロス・グラシアレスへの観光の玄関口として有名です。他にも広大な氷河、ワイナリーなど自然と文化、グルメが揃った魅力的な観光地として注目されています。

パタゴニア氷博物館(グラシアリウム)、アルゼンチンおもちゃ博物館、ロス・グラシアレス国立公園、ロス・グラシアレス国立公園局、ウプサラ氷河、アルゼンチン湖、ラレオナ、ワリチュ洞窟などのおすすめの観光スポットがあります。