掲載数 No.1
オンライン旅行検索サイト

※掲載数:1071件(2021年09月17日時点)

並び順

※掲載数:1071件(2021年09月17日時点)

アイスランドの検索結果 1件

オンラインでアイスランド旅行へ出発するなら、WaTripのアイスランドツアーで探そう!オーロラはもちろん、ハットルグリムス教会、ブルーラグーン、ストロックル間欠泉、ゲイシール、シンクヴェトリル国立公園、グトルフォス、ミーヴァトン湖、などアイスランドの様々な都市をオンライン旅行できます。どの街も文化や雰囲気が全く異なり、同じアイスランドでもたくさんの世界観を楽しむことができますよ。新婚旅行、卒業旅行、一人旅、女子旅、どんな旅行シーンでも、バーチャル旅行やリモートトリップなら、時差や治安を気にせず、おうちで楽しめるのでおすすめ! WaTripではベルトラなど主要なオンライン旅行ツアーをまとめて検索できて、比較しながら探すことができます!

PR

アイスランドの都市・観光地の魅力

アイスランドのコロナ情報

アイスランドをオンラインツアーで下見をしたら、いつから行けるの? PCR検査やワクチン接種は必要なの? など気になる方もいると思います。そこで、アイスランドの入国情報をまとめました。

全渡航者に対して、渡航前の指定サイト(https://visit.covid.is/)での事前登録に加え、出国前72時間以内の新型コロナウイルス検査陰性証明書(注1)の提出、空港でのPCR検査及び入国後5日後の各地診療所での2回目のPCR検査の受検を要請する。2回目の検査までは自己隔離を行う必要があり、2回目の検査で陰性になった場合に隔離を終えることができる。ただし、ワクチン接種済みの証明書(注2)を所持する者については、措置の適用外となる(※)。

 (注1)氏名、生年月日、検査日及び証明書の発行日、検査が行われた場所の住所、証明書の発行元の機関名及び電話番号、検査の種類(PCR検査又は抗体検査(ELISA/serologic assay))並びに検査結果が英語、アイスランド語、デンマーク語、ノルウェー語又はスウェーデン語のいずれかで記載されている必要がある。
 (注2)詳細は https://www.landlaeknir.is/um-embaettid/greinar/grein/item44162/Certificate-of-vaccination-against-COVID-19-accepted-at-the-border を参照。
※なお、上記防疫措置の免除・緩和について、日本の市区町村等で発行するワクチン接種証明書の有効性は現在確認中です。

※各国の対応は流動的なため、予告なく変更になる場合がございます。最新の情報、情報の詳細は、外務省のサイトでご確認ください。

https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html